今の時代に合った本物のセルフケアが遂に登場!

セルフケアと聞くと何を思い浮かべますか?
ストレッチ、運動、足を組まないなど悪い癖に気をつける、マッサージをするツボを押すなどが思い浮かぶと思いますが、それは昔の話です。
現代は大気汚染、電磁波、気候の変化による寒暖差、添加物まみれの食生活、人間関係によるストレスなどなど、目に見えない問題が山積みであり、それらは筋肉だけではなく、内臓に大きな負担をかけてしまいます。
内臓の疲労は全身の体液循環を悪くします。さらには内臓自体の下垂を招き、横隔膜にも悪い影響が出るので、人間が生きる上で根幹となる呼吸に問題を引き起こすのです。

和整体の目的は呼吸を整えることです。

呼吸が浅くなれば体はいい状態に回復しません。
呼吸の状態が悪いとたくさん睡眠をとっても、運動をしても、栄養価の高いものを食べても、体にとって100パーセントの回復を及ぼさないのです。
ですから、呼吸を整えるためには内臓へのアプローチは必須なのです。
今回のDVDでは内臓に対するセルフケアを直接的、間接的にアプローチする方法をお伝えしています。
どのテクニックも内臓や内臓反射点に触れて、内臓をイメージして、呼吸をするだけという非常に簡単な方法です。

詳しい内臓の場所や反射点の位置に関しては画像などを入れながら、わかりやすく長谷先生自ら解説しています。

今回のセルフケアのテクニックはかつて実際に治療家が患者さんに行い、結果を出してきたテクニックばかりです。
胃痛や下痢便秘、生理痛や風邪などの内臓疾患のみならず、肩こりや腰痛、むくみや冷えなどの不定愁訴から不妊やアトピーまで対応可能なセルフケアです。
今までの常識を覆す本当のセルフケアをぜひ体感してみて下さい。

日本は諸外国に比べて圧倒的に医療大国です。
医者に頼り、薬に頼る人がほとんどでケアを疎かにしています。
まずは日々の暮らしの中にセルフケアを取り入れ、自分の身は自分で守らなければなりません。
医者が行うべき治療は急性問題であり、慢性問題は自分自身で対処できるのです。つまり、外傷や出血、ウィルスや菌による病気などの治療は医者に任せ、肩こりや腰痛、便秘や下痢やアトピー、不妊、癌などはセルフケアによって改善する余地があるのです。

大病になる前に防ぐ。未病の状態を自らのケアで改善させ、健康な人を増やす。
これが当協会にとっても目的であり、人類がより良く生きる為にも大切なことなのです。

ぜひDVDを手にとり、セルフケアを行い、健康な体を手に入れて下さい。そして、それを周りの家族や知人に広め、健康の和を広げていって下さい。

 

和整体講座購入特典

7つのセルフケア実践フローチャート

・風邪
・花粉症
・偏頭痛
・便秘
・下痢
・生理痛
・生理不順

7つのセルフケア実践フローチャートでは、
様々な症状に対してどのように組み合わせて行うかを分かりやすく説明しております。

セルフケアは一か所だけではなく組み合わせて行うことで、より効果が出やすい場合も多く見られます。

是非DVDに合わせて一緒に活用してみてください。

「和整体講座」DVD収録内容

呼吸を整えることから始める自分で行える整体法